youtubeでの動画制作とユーチューバー

◆ユーチューバーとは◆

youtubeによる動画制作で利益を生み出している人たちがいます。

彼らはどのようにyoutubeで利益を生み出しているのでしょう?

 

youtubeに動画を投稿してお金を得ている人を俗に「ユーチューバー」といいます。

彼らは企業の商品を使ってみて意見、感想をまとめた動画や、自分の特技をとことん追求し

披露する動画投稿を行う等しています。

 

彼らの動画は世界中の人たちから注目を集めるため、紹介された商品の企業は単純に嬉しいですし、注目を集めている所に広告を出したい企業、一緒にタイアップやコラボがしたい企業等が出てくることで収入、利益を得ているのが「ユーチューバー」です。

 

youtubeを見ている人の意見には、同じユーチューバーを見ている理由として「単純に面白い」「自分を出している」「ちょっと役に立つような動画」等を挙げています。見ている人を惹きつける理由は意外とそういった所にあるのかもしれません。

 

では、動画制作をする上で「単純」「面白い」「役に立つ」をキーワードにしてどのような動画を考えて作ればよいのでしょうか?

 

「単純」は言い換えれば「わかりやすい」。誰が見ても納得できる説明や解説、段取りや演出を作ることです。

 

「面白い」は言い換えれば「共感」。これは難しい部分ですが、一番の近道は自分の好きなこと追求することです。それに共感してもえれば、「面白い」動画になります。

 

「役に立つ」は動画を見る人の視点に立つことが大事です。使う人がどんなことで困るのか?

見てる人が面白いと感じるのか?ニーズをリサーチして動画制作に臨むことです。

 

youtubeでの動画制作において大事な部分は日々更新をし続けることです。

「ユーチューバー」として注目を集め利益を出している人たちは動画を更新し続けています。

動画制作を楽しみとことん好きなことを追求し続けるのが重要なことなのです。

 

youtubeでの動画制作で利益を上げるには

◆youtubeで利益を生み出す動画を制作するためのポイント2◆

youtubeは、世界中で利用者が多く、そこに動画をアップすることで多くの方の目に触れる機会を生むことができるでしょうが、制作した動画によっていかに利益を上げていくのか、ということをしっかりと考えていく必要があります。

 

動画制作で大切なことは、何を伝えたいのか、ということを明確にしておくことです。

 

間延びした動画制作では、意図が全く分からずにつまらない動画になってしまいます。

1番伝えたいことを前面に持ってくることによって、最初に視聴者の心をつかむことが大切です。

 

また、youtubeの場合には、つまらないと判断した場合には、最後まで動画を再生してもらえないことがほとんどです。

最初からつまらないと判断されてしまうと、その先にどれだけ面白さを抱えていても、それは閲覧されることはありません。

 

なので、特に動画の最初にポイントを持ってくるという工夫が必要になります。ただ、奇をてらった動画は簡単に見透かされてしまうことが多いです。ただインパクトを付ければよいということでもないことに注意したいところです。

 

また、youtubeを利用している方の心をつかむためには、できるだけ簡潔な動画であることが大切です。10分以上あるような動画は、なかなか閲覧してみようとは思われないようです。数分程度で簡単に終了するような動画の場合には、とりあえず見てみようか、というような興味を引くことができる場合が多いです。

 

なので、動画制作の際には、できるだけ3分以内にまとめるのが良いでしょう。

 

5分を超えるような場合には、飽きられる可能性も高くなってくるので注意が必要です。



お問い合わせ