この映画、観ました?#2

こんにちは。大石ちゃんこです。

昨日、お~いお茶を買ったら「Live Idol Tokyo2015」というシールが貼ってあり、

何かと思ったら、伊藤園が開催している地方アイドル総選挙の投票用シールでした。

お、それなら、私の故郷・静岡の、

顔面偏差値の低さが絶妙なご当地アイドル「オレンチェ」に投票してあげようかな、

と思ったのですが、調べたらオレンチェは立候補しておらず。とても残念。

 

立候補といえば…、

 

皆さん、この映画、観ました?

 

『立候補』  

 

★★★☆☆ 3.5


ものすごく面白いですよ。

泡沫候補と呼ばれる、選挙に出ては落ちまくっている人達に密着したドキュメンタリー。

とにかくハート強すぎ!な人達ばかり出てきます。

お恥ずかしいことに私は、

池上彰さんの選挙特番を楽しみにしているのも

政治への関心ではなく攻めた番組作りが面白いからってだけだし、

政見放送が好きなのも笑いを求めているからで、

政治の知識が本当に無いのですが、

この映画は政治ではなく「人」を描いた映画なので

問題なく楽しめました。

 

正直、300万円の供託金はほぼ100%ムダになり、

罵声を浴びせられる事も多く、

罵声ならまだしも相手にすらされない事も多いのに、

当選を夢見て立候補し続ける彼らって、

マキタスポーツさんの名著「一億総ツッコミ時代」で言うところの

“ボケ”の人生で、

政治に無関心な人や文句だけ言ってる人よりは

もしかしてカッコイイのかなあ、と少しだけ思いました。

ほんと少しだけですけど。

いわゆる意識高い系()の勘違い野郎達よりカッコイイのは確か。

 

あと、政見放送で中指を立てる男・外山恒一のインタビューがあったのですが、

意外と物腰が柔らかくて驚きました。

 

 

そして、最後の方で初めて父親の選挙活動を見に来た

マック赤坂の息子の様子を見て、

不覚にも(本当に不覚ですが)涙が出てしまいました。

観る前はまさか泣かされるなんて思ってもいなかったのに。

 

変人を見る楽しさだけではない、意外な感情を引き出される映画です。ぜひ。