この映画、観ました?#7

こんにちは。大石ちゃんこです。

今回は、公開当時たまたま

近所の映画館でやってて

特に期待せずに観てみたら

映画館を出る時には顔面が

涙でガビガビになってしまった作品を御紹介。

 

この映画、観ました?  

 

刀川和也監督  『隣る人』

 

★★★☆ 3.5

 

 

この映画は、

親の死、病気、虐待、金銭的理由…

等々の事情によって 

実の親とは暮らせない子ども達が

保育士さん達と一緒に暮らしている

児童養護施設のドキュメンタリー。

 

保育士のマリコさんと

ムツミちゃんとマリナちゃんをメインに、 

施設の大人達と子ども達の日々を

8年間も密着取材したものです。

 

いろんな感情になり、

いろんな場面で泣いてしまい、 

本当に顔面が涙でガビガビで、

化粧もグチャグチャで、

家まで俯きながら足早に帰りました。

と言っても、子ども達を

単純に“かわいそう”という感じに

描いているわけではなく、

とても好感が持てる作品です。

 

普通に子ども達の行動に笑えたり、

自分の子供時代を思い出したり、 

「私もお母さん大好きだわ~」と思って

実家に帰りたくなったりしました。

 

子ども達のキャラクターも

それぞれ面白くて個性的。

ムツミちゃんの

ちょっと強気だったり

照れ屋だったりするところは、

自分を見ているようで

少し恥ずかしかったです。

親が居なかったり

一緒に暮らせない子供にとって、

隣る人(=軸となる人)が保育士さんで、 

でも保育士さんは本当の親ではないから、 

ああいう施設の保育士さんって

子供との距離の取り方が

ものすごく大変だろうなと思いました。

距離が近すぎてもいけないんだろうなと。 

この作品で特に印象に残ったのは、 

マリコさんがお休みで居ない日の夜に、 

ムツミちゃんとマリナちゃんが

マリコさんの布団を取り合って

揉めている時、 

マリナちゃんがマリコさんの

お布団や掛け布団の匂いを何度も嗅いで 

「いいにおい。いいにおい。」って

満面の笑顔で言っていたシーン。 

わかるー!って思いました。

お母さんにしろ恋人にしろ、

好きな人の布団の匂いって

安心する良い匂いですよね。 

あと、マリコさんが

ムツミちゃんの誕生日会で

「どんなムッちゃんも、大好きです」と 

泣きながら言っていたところ。

その場にいるムッちゃんの表情も最高です。

この人が、この子の正真正銘の

“隣る人”なんだなって思えて、

とても幸せな気持ちになりました。

 

かつて子供だった人全員に

 

観ていただきたい映画です。ぜひ。