この映画、観ました?#9

こんにちは。大石ちゃんこです。

今回は、あえて、興味ゼロ、

たとえ無料でも絶対観に行かないな、

という作品を観てみようと思い、

公開中の少女漫画原作の作品にしました。

苦痛を感じる恐れがあったので、

売店で生ビールを2杯買って

飲みながら鑑賞。

 

この映画、観ました?   『ストロボ・エッジ』

 

★★☆☆☆ 2.0

 

*ネタばれ注意

 

高1の仁菜子(有村架純)は、

モテ男子の蓮(福士蒼汰)に片想い中。

でも蓮には、付き合いの長い

年上でモデルの彼女・麻由香(佐藤ありさ)がいた。

仁菜子と蓮、仁菜子に想いを寄せる

安堂(山田裕貴)と大樹(入江甚儀)、

麻由香、安堂の元カノ・真央(黒島結菜)、

それぞれの思いが交差して…という作品。

 

作品で仁菜子は、

健気でかわいくて純粋で…

みたいな感じに描かれていますが、

女子高生の皆、冷静になって気付いてほしい。

仁菜子って、かなり嫌な女でしょ。

 

彼女いるのわかってて告白し、

フラれても「友達」として仲良くし、

蓮が倒れたら看病し、

電車で寝て蓮の肩にもたれかかり、

そうかと思えば、

蓮がフリーになると

あからさまに避けてみたりとか、

押し引きに長けた強者じゃん。

 

彼女持ちの男に

じわじわ迫っていく仁菜子の

戦略勝ち、というのが

この映画の一番の感想です。

 

そして、どうしても笑いを

堪えられなかったシーンが

ありました。

 

蓮の麻由香への気持ちが、

もう純粋な恋愛感情ではなく、

「両親の不仲に悩む麻由香の

側にいて支える」という

約束を守る為でしかない、

という事に互いに気付き、2人は別れます。

そして蓮は仁菜子に告白。

その際に蓮が

「支えたいんだ。」と言ったシーン。

支えたがるわ~!

どんだけ人を支えるの好きなんだよ!

と思ってしまい、我慢できませんでした。

 

その他、

麻由香に少しは足掻いてほしかったり、

文化祭の後夜祭の最中なのに

普通に帰ってるのが謎だったり、

仁菜子が蓮のどこに惹かれたのか

いまいち描かれてなかったり、

あらすじでは恋愛模様に絡んでくる

感じで書かれてる大樹が

ほとんど出てこなかったり、

テーマ曲がダサかったり、

など色々ありましたが、

どんな作品にせよ、

中高生が映画館に足を運んでいる

という状況は素晴らしいと思います。

 

映画が終わった後にトイレの個室で

女の子達の会話に聞き耳を立ててみても、

「感動した」「キュンキュンした」

「ああいうの羨ましい」「マンガも読んでみたい」

…と絶賛の嵐。本当です。

確実に女の子達の心を動かす作品なのです。

 

そして、ビール飲みながら

薄汚れた気持ちで観た自分を

恥じました。

10代の頃のようにピュアな気持ちで観れば

絶対に感情移入できるはずなので、

再度鑑賞してみるつもりです。

 

現役高校生はもちろん、

薄汚れちまった大人も、

ぜひ見ていただけたらと思います。

 

…でも、もし、こういう映画に

拒否反応起こしちゃうような女子高生がいたら、

#6で御紹介した

映画「ゴーストワールド」を

 

教えてあげてください。ぜひ。