Canon EOS 70D 動画撮影上達テクニックを学ぶ #6

今回のテーマは動画変換です。1眼レフで動画を撮影した際、

編集するためにほとんどの方は変換していると思います。

みなさんはどの編集ソフトを使っていますか。僕はFinal Cut Pro7を使っています。動画で撮った素材をそのままFinal cut proで編集することは出来るのですが・・・h.264の素材なので、CPUの負担が高すぎてとにかく重いくなって

編集に時間がかかってしまいます。

やはりApple ProResに変換して作業するのが一番良いと思っています。

みなさんも同じ方法をとっている方がほとんどだと思います。

ではどんな方法ProResに変換していますか。

僕はMPEG StreamClipを使っています。

色々ネットで調べたのですがこれが一番やりやすくて変換が早いようです。


http://www.squared5.com

結構な素材量でもBatch Listを使えば撮影から帰ってきて夜、変換しとけば朝には変換が終わっているのでこれは助かります。

ちなみにBatch Listのやり方なんですが

List→Batch Listを選んで

Add Filesから変換したい素材を選んでGoをクリック

変換したい素材の保管場所もどこにするか選べるのでやりやすいです。

よくある変換ソフトだと一度保存場所を選ぶと、そこに保存されてしまうので楽なようで実はちょっ面倒臭いです。

素材や変換した素材は本体には保存しないで、ハードディスクに保存するので変換する際、保存先を決まめ方が断然やりやすいと思います。

Final cutでも変換は出来るのですがとにかく時間がかかります。

他にも幾つか変換ソフトがあるようです。

例えば

Pavtube HD Video Converter for Mac

ただこちらはフリーソフトではないようです。

あとはWondershareなどもあります。

ぼくはこちらのソフトを使っているのですが

h.264からProResの変換には使わず、DVDへのコピーやWMVの変換などで使っています。MACには動画のデータをDVDにコピーするソフトが既存ではいっているのですがこちらもとにかくやり方が難しいと思いませんか。

そこで僕はWondershareを購入しました。中々、使い勝手は良いです。

変換ソフトは随時チェックするように心がけています。新しいものが出たら

チェックして少しでも時間を短縮してストレスを感じたくないですから

今日はこの辺で失礼します。