今回紹介するのは NikonのCOOLPIX P900 #9

EOS 70Dについてのブログのはずが、最近はもっぱら僕の気になるカメラの紹介になってきています。


実は今回も僕が気になるカメラについて話しをさせてください。

今回紹介するのはNikonのCOOLPIX P900です

発売されたのは2015年の3月です。

発売当初かなり話題になり、品切れの店も相当あったようです。

 

このCOOLPIX P900なのですが、光学83倍レンズを搭載しているんです。

どういうことかというと、広角24mmから超展遠2,000mm相当(35mm判換算時)までの焦点距離をカバーするNIKKORレンズ採用しているのです。

そしてなんといっても、ダイナミックファインズームを利用すると最大166倍のズームが出来るのです。

これは凄すぎます!

僕がよく使うテープレスカメラのSONY PMW-200は

光学14倍です。比べてみるとその差は歴然です。

 

一眼レフのカメラで標準レンズでここまでズームが出来る

カメラはないと思います。

 

Nkonの公式ページにはサンプル動画もあがっています。

 

https://www.youtube.com/watch?v=C8Ece4w3xx0

 


動画のフォーマットも他の一眼レフと変わらず

1080/30p(初期設定):1920×1080(29.97fps)、1080/60p:1920×1080(59.94fps)、720/30p:1280×720(29.97fps)、720/60p:1280×720(59.94fps)、480/30p:640×480(29.97fps)、HS 480/4倍:640×480、HS 720/2倍:1280×720、HS 1080/0.5倍:1920×1080

が可能です。

ここで気になったのが640×480のサイズです。

僕からするとこのサイズの必要性を全く感じないのですが、

時代と共に高画質になってきている昨今、なんの為に

必要なんだろうと考えたところ、最近はメールで動画送ったりする機会が多いのですが、どうしてもサイズが大きくなってしまい、

ほとんどは添付出来ず、ダウンロードしてもらっています。


添付して送ることが出来ればわざわざアップロードする必要がないので、その為にこのサイズを入れたのかなと思いました。


収録はMOV(H.264 / MPEG-4 AVC)が可能です。


これは最近の一眼と同じです。

オートフォーカス(ターゲットファインド AF、顔認識オート、

マニュアル(スポット)、マニュアル(標準)、マニュアル

(ワイド)、ターゲット追尾)はもちろんついています。

 

とにかく83倍というのが凄く気になります。


最大にズームした時に、明るさやブレがどのくらい影響するのか試したいです。

ライブの撮影で一眼はよく使うのですがレンズを変えるのがとにかく面倒臭く何本も持って撮影に挑むのですが結局レンズを

変えなかったことが結構あります。


ライブで試してみたいですね。

今回はこの辺でそれではまた!