映像制作お勧めソフト

 

映像制作の仕事をしていると、日々いろんなソフトを使う機会があります。

ここでは、僕がこれまで仕事で使ってきてとても便利だと思ったソフトを

ご紹介します!

 

今回紹介するのは、

「QuickTime Player」というソフト。

Macで動画を再生する際によく使うソフトなのですが、実はいろいろな機能があるのです。

■書き出し

 

QuickTime Playerでは、movファイルの書き出しを

する事が出来ます。

 

チェック用にデータを軽くして送りたい時など、

Final cutやその他の編集ソフトを使わなくても、QuickTime Playerで変換出来るのは便利ですよね。

 

 

手順は、

 

①   変換したいファイルを開く

 

②書き出したいサイズを決める

 

「ファイル>書き出し」から、

書き出したいサイズを決めることが

出来ます。

 

PC用の大きいサイズからi-phoneなどで

見る用の小さいサイズまで選ぶことが

できます。

 

これで保存先を決めれば書き出しが

出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

これだけで簡単にファイルサイズを

小さくすることが出来るんです!

■  音声を収録する

 

QuickTime Playerでは、声や外部の音を収録する事も

出来ます。

 

仮のナレーションを録ったり、話している内容を

記録しておく際に便利です。

 

こちらも簡単で、ファイル>新規オーディオ収録を

押すと以下のような画面が出てきます。

こちらの赤いボタンを押せば収録する事が出来ます。

 

 

その他にもPCの画面上の動きを収録する事も出来るんです!

実はいろいろな事が出来るので、ぜひ試してみて下さい。