Photoshop(MAC)上達への道12

 

 

 

初心者が挑戦するPhotoshop

 

どうもこんにちは!見習いADです。これから映像制作でPhotoshopに挑戦する人のために

仕事で覚えたことをブログにして、初めての方でも分かりやすく伝えることが出来るよう

ブログを書きます。

 

前回、前々回と文字間についてブログを書きました。

今回は、「カスタムシェイプツール」を使ってみます。

 

「カスタムシェイプツール」を使うと色んな形をつくる事ができるそうです。

まずは、「カスタムシェイプツール」を選びます。

 

 

 

選択すると、ツールオプションバーが以下のようになります。

赤丸をつけた場所で色々な形を選ぶことができます。

 

 

 

 

このように、Photoshopには色々な形が予め入っています。

 

更に形を追加したい時はフリーの素材を持ってきたり、

自分で作ることもできます。

 

 

 

 

最初、シェイプは全て表示されていないので赤丸を付けた場所を

クリックすると、表示させるシェイプを選べます。

 

 

 

 

色々なシェイプがありますが、今回はハートを選択しました。

 

 

 

選択したら、あとは[Shift]を押しながらドラッグして、

お好きなサイズにしてください。

 

 

縦と横の比率を保たずにシェイプを作りたい場合は[Shift]は

押さないで大丈夫です。

 

 

 

 

 

 

ハートの色も好きな色に変更する事が可能です。

 

 

 

 

 

 

変更するときは、レイヤーサムネイルをダブルクリックすると、

カラーピッカーが出ますので、お好きな色を選んでください。

他のシェイプも使ってみました。

 

同じように、「カスタムシェイプ」→ツールオプションバー

「シェイプ」と進み、形を選びました。

 

 

 

後は、今までブログに書いてきたテロップのつくり方で文字を

入れるだけです。

 

予め色々な形が用意されていてとても便利です。画像やテキストと組み合わせて使うと、更に活用できると思います。

 

映像制作の現場でPhotoshopは必要不可欠です。

早く覚えて一人前になりたーい。