映像制作お勧めソフト#6

こんにちは!

映像制作の仕事では、作った映像を最終的にどんな形で納品するか

ということを決める過程が必ずあります。

 

データでそのままメールやハードディスクで渡す事もあれば、テープやDVDなどの

メディアに記録してお渡しするということも多々あります。

 

メディアには様々な種類があり記録方法も様々なのですが、

今回はDVDを作成する際に便利なソフト「Toast」をご紹介します。

 

 

「Toast」の優れた点は、操作が簡単ということです。

 

Toastを起動すると、以下のような画面が開きます。

 

 

 

 

 

 

普通にプレーヤーやPCで映像を再生するためのDVDを

作成する場合、赤く囲んでいる中の

「ビデオ」>「DVDビデオ」を選択します。

 

すると以下のような画面になります。

 

 

 

 

 

 

 

この画面内の大きな矢印のイラストが

ある部分にDVDを作成したい映像ファイルを

ドラッグして入れると以下のように映像が

取り込まれます。

 

この時入れるファイルは、容量が収まる

範囲なら複数入れる事も出来ます。

 

 

これで「書き込み」ボタンを押せばDVDが作成されます。

 

基本的にはToastを起動させ、DVDを作成したい

ファイルをドラッグして追加し、「書き込み」ボタンを

押すだけで出来てしまうという、とても使いやすい

ソフトなのですが、その他にも様々な事が出来ます。

 

まず、上の画像内の赤く囲んでいる部分の「編集」という

部分では、DVDに入れたい映像を部分的に選択する事が出来ます。

 

「編集ボタンを押すと、以下のような画面が開きます。

 

 

 

この赤く囲んだアイコンを移動する事で、この映像のどこからどこまでの部分でDVDを作成するか

トリミングする事が出来ます。

 

さらに、最初のメニュー画面の

上部にある5つの項目から、

Toastで作成する事が出来る

ディスクや様々な機能を選択する

事が出来ます。

 

他にもいろいろな機能があるので

また次回ご紹介させて頂きます。