初心者が挑戦するPhotoshop(MAC)上達への道18

 

どうもこんにちは。見習いADです。

これから映像制作でPhotoshopに挑戦する人のために仕事で覚えたことを

ブログにして、初めての方でも分かりやすく伝えることが出来るようブログを

書きます。

 

前回は、逆光になってしまった画像を補正しました。

今回はフォントについてです。

 

Photoshopにはあらかじめたくさんのフォントが入っています。

小塚ゴシック Pr6N、游明朝体、圆体-简、报隶-简、

Adobe 繁黑體 Stdの順で文字をうってみました。

 

どれも印象が違います。元々Photoshopに入っているフォントも様々な場面で活用することができます。しかし、稀にイメージに

あうフォントがない時もあります。

 

そんな時はフォントの種類を増やしてみましょう。

インターネットで「Photoshop フォント フリー」と検索するとたくさんのサイトが出てきます。その中から私がいいなと思った

フォントをいくつかご紹介します。

 

Canter Typeface/Canter Bold 3D

おしゃれなカフェのメニューとかに使えそうです。

 

Lovelo font/Lovelo Line Bold

 

かっこいい映像に合いそうです。

 

 

Sant’Elia font/SantEliaRoughAltBoldThrDEMO

 

お料理の映像などでメニュー名を出す時に入れたら

かわいいと思います。

 

 

Sunday font/Sunday Regular

 

女性が好きそうなフォントだと思います。

手書きっぽさがかわいいです。

すべて以下のサイトからダウンロードできます。

 

https://www.behance.net/

 

物によっては有料であったり、一部だけ無料という場合があります。

 

今回は4種類のフリーフォントをご紹介しました。(全てアルファベットにしか対応していないフォントになります)

日本語版もいつかご紹介できればと思います。

 

最近は海外アーティストがOfficial Lyric Videoでおしゃれなフォントをよく使っています。

 

ミュージックビデオ同様クオリティが高い映像ばかりなので、ぜひ皆さんも見てみてください。

 

最後に色々なフォントが出てくるLyric Videoをご紹介します。

 

Flo Rida - Who Did You Love ft. Arianna [Official Lyric Video]

 

https://youtu.be/w_Vp74HOXko

 

今回はここまでになります。ありがとうございました。