映像制作お勧めソフト #8

こんにちは!

2回に渡って「Toast」をご紹介させて頂きました。

Toastは、映像制作の現場で必要な、DVDを簡単に作成する機能と同時に、様々な機能を持っています。今回は、Toastで出来るその他の機能についてご紹介させて頂きます。

 

 

Toastで出来る事の1つに、Blu-rayディスクを作成出来るという点があります。Macでは標準アプリでBlu-rayディスクの作成は出来ないため、DVDのあ5倍もの容量がある

Blu-rayディスクを手軽に使えるようになるのは、様々な利点があります。

 

 

 

 

 

撮影した素材をハードディスクに貯めていくとすぐに

ハードディスクの容量はいっぱいになってしまうし、

SDカードも次の撮影の機会が来たらフォーマットしてしまうので、大容量の素材の保存方法を考えるのはなかなか骨が折れます。

 

Blu-rayディスクを保存方法の1つとして考えられるようになれば、

メディアにかかるお金をおさえたり、かさばらない素材として保存が出来ます。

 

 

 

 

 

さらにToastは、データの変換もする事が出来ます。

 

こちらも操作方法はすごく簡単で、変換したい元のデータを

ドラッグして真ん中の白いスペースに入れ、保存先、変換後の

フォーマットを決めるだけです。

 

変換出来るファイルの種類は多数あります。

 

iPadやPlayStation3など、再生する機器で選ぶ事も出来るし、

mp4やmovなどファイル形式で選択する事が出来るので

分かりやすくて便利です。

 

メインであるDVDディスクの作成に加えて、音楽CDやデータDVDなどの各種ディスク作成、Blu-rayディスク作成、データ変換と

いった、さまざまな機能を持っていて、さらに簡単に使える「Toast」は、映像制作の現場ではかなり重宝されるソフトでは

ないでしょうか。