ハイスピードカメラ

今回はハイスピード(スーパースロー)が撮影可能で

オススメなSONY NFX FS700RHを紹介します。

 

10年前ぐらいまではハイスピードカメラといえば

PHANTOMが主流でした。もちろん機能性は抜群なのですが

値段が高いのがネックでした。

 

レンタルで数十万し、取り扱いができる人が少なくオペレーターも必要になってしまいとにかくお金がかかってしまいます。

NFX FS700RHはメーカーサイトによるとレンズ付きで860,000円、

レンタルではだいたい1日20,000円ぐらいです。この金額であれば手の届く

範囲だと思います。

 

NFX FS700RHの特長をいくつか

まずはなんといってもフルHD画質24pで最大10倍までのスローモーションでの撮影が可能です。

 

PHANTOMは毎秒1000フレームまで可能なのでスローモーションの比率は全然かわないのですが、

撮影内容によっては十分だと思います。

専用のオペレーターも必要なく説明書を読めば僕たちで撮影が可能です。

更に、4K(4096×2160)での撮影も出来、フレームレートは24p、30p、60pで収録可能です。

 

あと僕が嬉しいなと思ったのはレンズ交換が出来ることです。Eマウントを採用しているのでオートフォーカス、

手ぶれ補正などの機能が使用できます。

 

マウントを使えばAマウントのレンズが装着でき、撮影用途がかなり広がります。

NDフィルターが内臓しているのでわざわざNDフィルターを装着する必要がないので

時間短縮になるし、よくNDフィルターを持っていくのを忘れてしまうので助かります。

 

正直、予算が低いけどアイデア勝負となった時にクオリティをあげるのに

使用したいカメラであることは間違いないです。

NFX FS700RHはオススメのカメラです。