映像制作お勧めソフト#15 Automator

映像制作の現場では、複数のファイルを扱う機会が多々あります。

そんな時に、一つ一つファイル名を変更していては時間がかかってしまいます。

今回は、Macでファイル名をまとめて変更したい時に使えるソフト「Automator」を

ご紹介します。

 

「Automator」は、Macに標準で入っているアプリで、作業を自動化するための

レシピを作成する事が出来ます。このレシピ次第で様々な事が出来るので、

覚えると便利なソフトです。

 

今回は、ファイル名をまとめて変更したい時に「Automator」を使って一括で

変更してみようと思います。

まず「Automator」を開くと以下のような画面が表示されます。

 

“サービス”を選択し、①〜④を設定していきます。

 

①「イメージファイル」・

②「Finder」、これはFinder内の画像ファイルを対象にするということになります。

 

③「ライブラリ」・

④「Finder項目の名前を変更」これで、対象に対してどんな処理を実行するかということを決めました。ここまで設定したら、次に

 

④「Finder項目の名前を変更」をドラッグしてワークフローを

作成します。

 

 

 

 

 

 

 

 

これで、処理の詳細を決める事が出来るようになりました。

 

 

 

 

 

今回は、「test」という名前のフォルダ内のファイルに対して

処理を行いたいので、保存先を「test」にし、ここから処理の

内容を決めていきます。

 

今回はファイル名の前に日付とsozaiという文字を入れたいので、「テキストを置き換える」を選びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると以下のような画面になるので、追加するテキストを

入力します。

 

これで、ファイル名のあたまに「11.19sozai-」が共通して

つくようになりました。

 

手順が多いので複雑に感じますが、慣れれば簡単です。

ここからの処理は次回ご紹介させて頂きます!