クラウド防犯カメラ

近年、一般家庭でも防犯カメラを設置するお宅が増えていますよね。

そんな一般向け防犯カメラが近年とても進化しています。

 

ということで今回は、最近よく聞く「クラウド防犯カメラ

(及びクラウド監視カメラ)」について。

これは、録画した映像をテープや設置したHDDにためていくのではなく、

インターネット上に常時保存していく形の防犯カメラのこと。

その映像を、ライブでも録画でもネットワーク経由でどこに居ても遠隔で

確認する事ができます。

 

 

今までは、防犯カメラを設置するなら、撮影するカメラ、モニター、レコーダー、カメラとレコーダーをつなぐケーブルを

用意&セッティングしなければいけませんでした。

しかし、クラウド防犯カメラならレコーダーが必要ありません。従って、カメラとレコーダーをつなぐケーブルも不要。

ただしその代わり、インターネットを使ってクラウドを利用するためのルーターの設定が必要となります。

 

ところが更に、最近はそんなルーターの設定も必要なくなってきています。カメラがインターネットにつながればクラウドのサーバーに

アクセスできるものが増えてきたのです。

このようなクラウドタイプの進化によって、防犯カメラを設置する事へのハードルがかなり下がったと言えるでしょう。

 

そしてクラウド防犯カメラは更に進化しています。先日、代表的なクラウド防犯カメラサービスの

「Safie(セーフィー)」が、“リアルタイムPTZ機能”を開発したことを発表しました。

 

PTZは、カメラの動きのパン(左右の動き)、チルト(上下の動き)、ズームのこと。設置した防犯カメラを、スマートフォンで

PTZできるという機能です。話題なのはその速さ。クラウドタイプでは業界最速クラスの、1秒以内に短縮したとのこと。

やはり、ユーザーとしては何か異変を感じたら、カメラを自由に素早く動かして確認したいですよね。

そんなニーズに応えた開発のようです。

 

防犯カメラが必要なのは、いまやお金持ちや有名人、重要施設などだけではありません。クラウド防犯カメラの進化によって、

気軽に防犯カメラを設置できるようになったのは良いことだと思います。

 

ただし、Wi-Fiのセキュリティはしっかり対策することが重要です。そうでないと、せっかく防犯カメラを設置しても、

Wi-Fiが原因で個人情報流出の被害に遭う恐れもでてくるので要注意です!