AfterEffectsの使い方1

YouTube動画の流行りなどで、一般の方も映像制作に触れる機会が

多くなっていますね。

ここでは、映像作品を華やかにするエフェクト等を作成できる、

AfterEffectsというソフトについて色々書いていこうかなと思います。

 

 

◼まず、AfterEffectsとは?

PhotoshopやIllustratorと同じ、Adobe社の製品です。

文字に動きをつけたり、キラキラしたエフェクトを作成したり、色味の加工などを行ったり・・・。

Photoshopは静止画を華やかにするソフトですが、AfterEffectsは静止画+動画に対応しているソフトです。

 

 

◼AfterEffectsで、まず始めに行う基本作業

 

AfterEffectsで作業を始める時は、まずコンポジションというものを作成します。

※「コンポジション」とは…

 

作成したエフェクトを格納しておく箱のようなものです。

この箱の中で、エフェクトを作成したり、写真や動画データを取り込みます。

 

 

◼コンポジションの作り方

 

ここでは、AfterEffects CC2019を使用しています。

 

他のバージョンでも作り方は同様です。

 

まずAfterEffectsを立ち上げ、下記の画像のようなものが表示されると、「SoftWare Update」と「After Effectsをご利用いただき〜」の

タブは閉じてしまって大丈夫です。

不要なタブを閉じた後は、下記のようにシンプルな画面になります。

この画面が表示されれば、左側の「新規コンポジション」をクリックします。

 

その後、

 

こういった画面が表示されます。

赤枠で囲った箇所が、主に変更する箇所になります。

 

①    ここは、自分の分かりやすい名前をつけてください。

 

②「幅:1920」「高さ:1080」が基本のサイズです。YouTubeに投稿する場合もこのサイズで良いです。

   「縦横比を16:9に固定」の左の四角にチェックをつけると、同じ比率で小さくしたり、大きくすることができます。

    16:9以外の比率でも作成できるので、好みと用途に合わせて変更してください。

 

③  開始タイムコードは動画の始まりになるので、基本は「すべて0」にします。

     デュレーションは動画の尺を決めるところです。

「0;00;04;01」の場合、4秒間の尺ということになります。1分の尺が欲しい場合は「0;01;00;01」にします。

「ピクセル縦横比」「フレームレート」「フレーム/秒」「解像度」は、この画像にある設定のままで大丈夫です。

 

すべての設定が終われば、右下の「OK」を押すとコンポジションが作成できます。

これで、コンポジションの作成が終わりました。

 

 

AfterEffectsは初回ダウンロードすると、7日間の無料試用期間があるので、気になっている方は是非、一度お試しで触れてみてください。

 

それではまた次回、お楽しみに。