映像制作あるある体験談2

第2回 

おかげさまで大好評の映像制作あるある体験談!!

今回は映像制作の中で起こる“あるある”な体験を通じて、映像に関する

知識を身につけていただこうと思います。

 

今回のあるある体験のキーワードは、「デッキ再生用のDVDで納品」です。

 

映像の用途にもよりますが、制作を終えた映像を最終的に納品する際に、

たまにDVDに焼いてお渡しする場合があります。

が、制作を担当した者からしたら少しがっかりする要素があります。

その理由は、DVDは解像度が低い!!からです。

か・い・ぞー・ど??

 

という方もいると思うので、ざっくり

簡単に映像の解像度について説明します。

 

超簡単に言うと解像度とは、映像の大きさです。

 

HDとか4Kとか1920×1080とかいうやつです。

 

右の図を見ていただくとわかりやすいのですが、

 

DVDはいわゆるSDサイズになります。

水色の四角です。

 

黄色の4Kとくらべて大分小さく感じると

思います。

ちなみにBlu-rayはオレンジ色の四角のサイズになります(Full HD)。

 

それが何か???

と思われるかもしれませんが、ここからが大事です。

皆さんのご自宅、もしくは会社の会議室のテレビモニターの解像度は何か把握していますでしょうか?

 

(ちなみにモニターにもこの解像度というものが存在します。図のそれぞれの四角がモニターの大きさだと思ってください)

 

おそらく大多数はFull HDもしく4Kではないでしょうか?

 

ここからがなぜがっかりするかの理由になるのですが、

もしSDサイズの映像を4Kのモニターで再生するとなると、

この小さいSDサイズの四角を4Kサイズの大きさまで拡大する必要があります。

 

つまり、、勘がいい方はお気づきかもしれませんが、拡大するとつまり、、

映像が粗くなる!! のです。苦労して制作した映像が粗くなる、、あの空も、あの海も、あの子の笑顔も・・粗くなる。

 

おわかりいただけたでしょうか。

 

ちなみに、チェック用などにDVDを使用した際にも、画質が粗い!!というお言葉もいただくこともあるのですが、理由は上記の通りです。

 

担当制作の気持ちだけではなく、お客様が展示会やプレゼンなどで映像を再生する際には、綺麗な映像を流すためにもBlu-rayでの再生も

しくはPCとモニターを繋いで再生するなどで映像の解像度を下げずに流せます!

 

以上、映像制作あるある体験談!!でした。