AfterEffectsの使い方3

こんにちは。

 

AfterEffectsの使い方

 

今回は、AfterEffectsに読み込んだデータを加工するやり方を

紹介します。

 

 

 

 

AfterEffectsで写真加工

スクショ1

 

[1] 加工したい写真をAfterEffectsに読み込みます。

 

     今回の写真は、天候の関係で薄暗い雰囲気になった写真を使用しています。

スクショ2

 

[2] 読み込んだ画像を選択し、 エフェクト>カラー補正>露光量 を選択します。

 

     このエフェクトは、その名前の通り、明るくするエフェクトです。

     ただ光を入れて明るくするだけではなく、光と影のコントラストも付けることができます。

     すると、「エフェクトコントロール」というパネルの中に、先ほど選んだエフェクトが追加されます。

スクショ3

 

[3] プレビュー画面を確認しながら、数値を変更します。

 

     キーボードで数字を打ち込んで調節することもできますが、

     青い数字の上でマウスを左右にドラッグすると、感覚的に調節できるので

 

     自分の好きな加工を探りやすいです。

 

     自分の好きな雰囲気に仕上がれば加工は完成です。

     次に、この写真に少し色味を加える方法を1つだけ紹介します。

 

スクショ4

  

◆色味をつける

 

   先ほど加工した画像を選択し、

   エフェクト>カラー補正>レンズフィルター を選択します。

 

スクショ5

 

[5] 露光量を調節した時と同じく、レンズフィルターの数値を変更します。

 

スクショ6

 

フィルターを「カスタム」に選択し、その下の四角をクリックするとカラーパネルが表示されるので、ここで自由に色を変更できます。

好きな色味になればOKをクリックします。

 

スクショ7

 

さらに、その下にある「濃度」の数値を調節します。

 

大きい数字になるほど、色味が濃くなります。

その下の「輝度を保持」は、チェックを付けた状態の方が綺麗になる場合が多いですが、好みに合わせてON/OFFを選択します。

スクショ8

 

エフェクトは削除しない限り、いつでも変更・修正が行えます。

 

また、エフェクトコントロールパネル内の、エフェクト名の左隣にある【fx】というマークをクリックして非表示にすると、

そのエフェクトが取り外された状態になります。

 

もう一度同じ所をクリックすると、対象のエフェクトが復活します。

 

 

それでは次回もお楽しみに。