AfterEffectsの使い方5

今回も「素材の動かし方」です。

動画制作で実際にアニメーションとして動かす過程について書いていきます。

 

◆    実際にアニメーションをつける方法

 

[1] 前回同様に素材を読み込み、「トランスフォーム」の項目を開きます。

 

今回は「位置」の項目にアニメーションを付けます。

アニメーションの開始位置に、素材を移動させます。

[2] まずは、アニメーションの「始まりの位置」を設定します。

 

「位置」の左隣にあるストップウォッチのマークを一度クリックします。

 

そうすると、青い◆(キー)がタイムライン上に表示されます。

これで、アニメーションの始点が設定できました。

[3] 次は、アニメーションの「終点の位置(アニメーションの動きの終わり)」を設定します。

 

まず、タイムライン上にあるインジケーターを、右方向へドラッグします。

 

今回は参考として、一番端にインジケーターを持っていきます。

[4] 終点にしたいところにインジケーターを移動できれば、トランスフォームの「位置」の数値を変更します。(今回は右方向に横移動)

 

少しでも数値が変動すると、もう1つ青い◆が表示されます。

 

始点の◆から終点の◆の間をアニメーションで動くように設定できました。

 

実際に動きを確認する時は、「エンターキー」を一度押します。

すると、先ほど動きをつけた画像がループして動きます。もう一度エンターキーを押すと、動きが停止します。

 

ここで確認して、思い通りに動けばアニメーションの動画制作は完了です。

 

 

次に、動画制作のアニメーション作成の際に、知っておくと便利なツールをひとつご紹介します。

 

◆ 「アンカーポイント」

 

アンカーポイントとは、動きの「軸」になる点のことです。

 

通常このポイントは、読み込んだ素材の中心に設定されています。

この軸となるアンカーポイントの位置を変更することによって、すこし違うモーションをつけることもできます。

 

ここでは、「アンカーポイントの位置変更方法」について少しだけ記します。

[1] 素材を読み込んだ後、左上のツールボックス内アイコン(画像参考)を選択します。

 

これを選択することによって、素材の位置を動かさずに、アンカーポイントだけを変更することができます。

 

[2] そのまま対象の画像を選択し、画像中央にある丸い点(アンカーポイント)を好きな場所までドラッグします。(今回は左上)

 

これだけで、アンカーポイントの位置を、左上に変更することができました。

 

 

アニメーションの動かし方は多種多様で、映像制作時に悩みどころではありますが、気に入るものができた時には嬉しい気分になります。

 

色々試してみてください!