動画マーケティング「サジェストの重要性」

皆様こんにちは。新型コロナウイルスこと「COVID-19」が日に日に

猛威を奮ってきております。

マスクも品切れ状態が続いておりますが、手洗いうがい等出来ることを

より徹底していければと思っております。

 

さて、今回は「サジェスト」について書きたいと思います。

 

・サジェストって何?

サジェストとはGoogleやYahooなどで検索する際に表示される検索候補の

キーワードのことです。

 

検索キーワードと一緒に検索される可能性が高いキーワードが自動的に

表示されます。

・なぜ書くか?

 

「サジェスト」とは検索する中で大変重要なキーワードであり、

ユーザーの「ニーズ」を掴むのに参考になります。

 

このキーワードを知っておくことで、動画制作を望んでいるユーザーや映像について

調べてるユーザーの動向が掴めるのです。

 

こういった情報は営業活動や提案で活きてくる為、私自身も検索しながら日々気にかけて

います。

 

例えばですが「映像制作」と「動画制作」をGoogleで調べてみます。

 

 

 

 

 

 

 

「映像制作」で調べるとキーワードとしては

求人、バイト、独学、業種、学校…と

 

 

映像を自ら作りたい、将来映像業界で食っていきたい、いわば作り手側が

検索しているような印象が多いです。

 

 

一方、「動画制作」で調べると

 

 

 

キーワードには

相場、格安と依頼する側が入力するであろうキーワードが

ちらほらと見えています。

 

 

つまり、依頼する側が映像制作会社をリサーチする際は

「映像」ではなく「動画」という表現を使うことが多いのでは?

という予想ができます。

 

なのでこういったお困りのユーザー様をきちんと誘導できるように

ホームページで映像制作という表現だけではなく、動画制作という

表現も使用することで、ニーズに合った表現が可能となります。

 

 

 

 

映像以外でも「東京」で調べると

 

 

 

 

 

一般人の開催が中止となった東京マラソン、東京リベンジャーズの

実写化が決定、

 

東京でのコロナウイルスの状況、など。今気になる話題のワードが

わかります。

 

 

そしてこれらの情報というのは、すぐに変わります。

 

 

上記の東京という検索をしてから1時間後に改めて検索すると

ガラッとワードが変わりました。

 

そういえば果実園の限定アイスがテレビで特集されていたので

その影響で果実園が出たのかもしれません。

 

 

このようにサジェストというのは随時変わっていくのです。

 

その為に今後やっていきたいな、と思ったのが「気になるワードがあったらスクリーンショットを撮る」ということです。

 

サジェストの情報はネットから消えてしまう為、気がついたらスクリーンショットして保管しておく。

 

1日1回なのか、随時なのか、その辺りは探りながらやっていきたいと

思います。

 

クセにしておけば後から見返した時に

 

「このワードがこの時だけ表示された」「このワードは常にいる」

 

など見えてくることがあると思っています。

 

あとは次のブログのネタが自然と見えてきたりするのかなと思っております。

 

私もこれから実践してまいります。

 

思わぬ発見もあるかと思いますのでその際にはまたブログでご報告させていただきます。

 

それでは。