研修動画を制作するメリットとは?種類や制作する際のポイント

新入社員や新たな業務を担当する従業員向けの社内教育に使う研修動画には種類があり、それぞれ企業・受講者共にメリットがあります。

 

とくに最近はテレワークが増え、研修動画を制作する企業は増えています。学習のための学校での利用やマニュアルなど、映像コンテンツの活用場面は増えるでしょう。

 

今回は、研修動画のメリットや種類、制作のポイントについて解説いたします。

研修動画を制作するメリット

研修動画の制作には、次のようなメリットがあります。

文章よりも伝わりやすい

映像ではテキストに加えて視覚・聴覚からも情報が入るので、直感でわかりやすく、記憶にも残りやすいです。実際に働く現場の様子を映しながら解説できるため、イメージしやすくなります。

 

BGMも織り交ぜながら物語性も持たせられるので、受講者や企業イメージに合わせた様々な伝え方ができます。

いつでもどこでも視聴できる

パソコンやスマートフォンなどの端末やネット環境があれば、いつでもどこにいても視聴できるため、時間や場所に縛られません。

 

遠方から足を運んだり、人数の関係で同じ研修セミナーを複数回開催したりする必要がありません。感染症や災害時でも、接触を避けながら交通機関の停止など関係なく、研修を実施できます。

何度でも利用できる

研修動画を一度作ってしまえば、企業側はその後何年も使い続けられます。質の高い動画なら、よりメリットは大きいです。毎年研修準備に手間をかけることなく、動画配信のみで済みます。

 

受講者側は、好きなときに何度も動画を見返すことができ、理解を深められます。対面研修のような聞き逃しがありません。

 

講義のように欠席者が学べず不利になることもなく、全員平等に同じ内容を学べます。

講師を毎回手配する必要がない

研修動画を用意すれば、毎回講師の手配準備をしたり、日程調整しながら会場を押さえたりする必要はありません。

 

作業が発生するのは、動画を制作するときのみです。そのため、業務やコストの削減につながります。

研修動画の種類は3つ

研修動画には次の3種類があり、それぞれ特徴が異なります。

セミナー形式

授業と同じく、講師による解説を撮影した動画です。新入社員研修など、定期的に行う研修向きです。1度開催のみの講習でも、全社員に共有できます。

マニュアル形式

業務の流れや機器の使い方、場面別の対応方法などを解説した動画です。実際の動きを見て学べるため、紙面での説明よりも理解しやすい効果があります。

 

仕事の手順、ビジネスマナーなど様々な研修で使え、接客業にも向いています。

ドキュメンタリー形式

職場の様子や社員インタビュー、企業理念などを伝える動画です。ストーリー仕立てにすることで、興味を引き、共感させます。

 

実際の現場を、よりリアルにイメージできるでしょう。様々な演出で、企業の個性も出せます。

研修動画を制作する際のポイント

受講者に伝わりやすい高品質な研修動画は、次のポイントを押さえて制作しましょう。

スマートフォンで視聴されることを想定する

画面の小さいスマートフォンでも文字が見やすく、聞こえやすい音量の動画がおすすめです。

 

パソコンだけでなくスマートフォンでも見られる動画のほうが場所や時間を選ばないため、受講しやすくなります。

目的を明確にする

「誰に何を伝える動画なのか」最初にはっきりさせてから動画制作に入ります。何が言いたいのかがあいまいになってしまうと、学びの効果が出ません。

 

また、幅広い内容を入れすぎるとわかりにくいので、テーマごとに動画を分けるのもおすすめです。

プロに相談する

動画の撮影・編集は、知識がないと苦戦します。動画編集ツールはたくさんありますが、使いこなすには経験が必要です。ノウハウの有無で、完成度に大きな差が出ます。時間をかけて制作しても、出来がイマイチで学習効果がないと、ムダになってしまいます。

 

効果が高く長年使える動画は、プロである動画制作会社に相談するのがおすすめです。様々な制作例が蓄積されており、最新技術などのノウハウもあるため「受講者がわかりやすい」動画が作れます。イメージが沸かなければ、内容・構成を1から提案してもらえます。

まとめ

テレワークは今後もなくならず増加を予想され、研修動画のニーズもさらに高まるでしょう。在宅勤務の多い時代に合わせた便利なツールを新入社員教育などで早めに取り入れることで、会社にとって様々なメリットが生まれます。

 

わかりやすい動画を作るには、技術が重要です。研修動画は、ぜひ動画制作のプロに相談してみてください。