この映画、観ました? #21

こんにちは。大石ちゃんこです。


私の趣味はタイピングです。

仕事で長時間PCのキーボードを打って

疲れているときも、息抜きとしてネットで早打ちタイピングゲームをしています。


今回は、そんな私を夢中にさせた映画をご紹介。もちろん、タイピングが好きじゃない人も絶対に楽しめるステキな作品です。

 

この映画、観ました?

 

レジス・ロワンサル監督  「タイピスト!」


★★★★☆ 4点

<ストーリー>


1950年代のフランス。


保険会社の社長ルイの秘書に採用された田舎娘のローズは、ドジで不器用なため1週間でクビを宣告される。

だが、彼女の唯一の才能を知ったルイから、自分と組んでタイプ早打ちの世界大会で優勝しないかと提案され・・・。

 

キュートでロマンチックでコミカルな作品です。


そしてストーリーは、王道というか、期待を裏切らない展開なのですが、それがとっても好感を持てます。


この作品は絶対にそれが良い!、


変に裏切らない方が絶対良い!、


と思えるような感じです。


観終わったあと、すごく幸せな気持ちで満たされます。

 

この作品では、

ローズとルイのロマンスだけでなく、女性の自立についても描いています。

縁談を断り、都会に出て奮闘するローズの姿は見ていてとても応援したくなりました。


いかにも「あたし自立した女なんで」的な女性ではないローズが自立していくのが良いと思います。

 

ローズ役のデボラ・フランソワはものすごくカワイイです!

日本の女優のミムラさんみたい。何年か前に観た映画『譜めくりの女』にも出ていたのですが、その時の雰囲気とはまるで違ったので、

色んな演技ができる方なのですね。

 

衣装やタイプライターも激かわいくって、いつかこんな年代モノのタイプライターを買って家に置きたいなというムダな憧れを抱きました。



そして、ルイ役のロマン・デュリスという俳優。

 

私は毎年、自分だけで勝手に

 

「ちゃんこギャラクシー賞」

 

というのを決めていて、映画やドラマ、俳優、曲、食べ物など

各ジャンルでその年に私が最も素晴らしい!と思ったものを決めています。(私の同居人にしか需要がありませんが)。

 

2013年の映画部門大賞はかなり悩んだ結果、2作の受賞となり『タイピスト!』と『ムード・インディゴ』でした。

で、後から気付いたのですが、なんとその2作とも主演男優がロマン・デュリスだったのです。

 

全く知らない俳優なのに、2013年、私の中で大活躍でした。ヒゲ濃いめ、背低め、な俳優だけど、どちらの作品でも大変ステキです。

 

ちなみに『ムード・インディゴ』は、前回ご紹介した『僕らのミライへ逆回転』の

ミシェル・ゴンドリー監督作品。

 

そちらについてもいつか書けたらと思います。

 

※前回の この映画、観ました?#20

 

カワイイとかオシャレとかロマンチック、だけではなく、タイピングの大会に関してはスポ根の要素もありますので、

『タイピスト!』は女性だけでなく男性にもハマると思います。


ですので、「どうせ、オシャレなだけの、いい歳なのに“女子”とか言っちゃうようなイタい女たち向けのただのキューティー映画だろ?」

などと思ってる男性も、観てみてください。



ぜひ!!