この映画、観ました? #22

こんにちは。大石ちゃんこです。


今回は、公開中の映画をご紹介。

昔からコミュニケーション能力が人より低いことに悩んできた私には、他人事とは思えないような作品でした。

あとSF苦手でも楽しめました。

 

この映画、観ました?

 

テリー・ギリアム監督  「ゼロの未来」


★★★★☆ 4点

<ストーリー>


コンピューターで世界を制御するマンコム社のプログラマー・コーエンは、廃教会に住み、「人生の意味」を教えてくれる

1本の電話を待ちながら、謎めいた“ゼロの定理”を解析していた。


そして、魅力的な女性ベインズリーや天才少年ボブと出会ったことで彼の人生が動き出していき・・・。

 

コーエンが出社のために廃教会の扉を開けた瞬間、色、多すぎる情報、音、他者たちがバーッと飛びこんでくるシーンが

とても印象的でした。


外の世界ってイヤだよな、煩わしいよな、と思ったのですが、監督はそのシーンは東京の街をイメージしたとのこと。

私ってこんなとこに住んでいるのか・・・、

オエーって思ってしまいました。

 

外にはあんなに情報が溢れているのに、コーエンが唯一知りたい「人生の意味」については全然わからないのが皮肉です。

 

というか「人生の意味」というのは、待ちの姿勢で誰かに教えてもらうものじゃないんですね。

ましてや電話がかかってきて教えてもらえるもんでは絶対にない。

 

「人生の意味」に限らず、

 

本当なら自分自身で考え答えを出すべき事を、最近はすぐにインターネット等で他の人の力を借りて解決しようとする人が

増えていると思います。

 

そんなダメダメな現代人が風刺されているのかもしれません。

 

「人生の意味」を教えてくれる電話を待ち続けるコーエンと、いま私が読書中の貫井徳郎の小説『神のふたつの貌』の

未だ得られない福音を求めて生きる主人公が重なって見えて、興味深いです。

 

映画の世界観も素晴らしく、仕事で数式の解析をする際の、大量の数式や方程式がブロックになっていてそれらをゲームのように

組み立てていくというシステムが秀逸でした!

 

そして、涙が出てしまう映画のラスト。

 

あるシーンを見た瞬間、自然と

急に大粒の涙がブワッと出てきました。

 

一緒に観た人は、

悲しすぎて泣いてしまったのだそう。

 

でも私は、悲しさや切なさよりは「良かったな」という気持ちが大きかった気がします。

コーエンはいわゆる“あっち側”へ行っちゃったけど、彼が望んで飛び込んだのだし、彼はもう嫌な思いをして

傷つくことはないのかもしれない、って思ったら、悲しさよりも喜びの気持ちが上回ってしまったのです。

 

間違った感想なのかもしれませんが。

 

ラストに1つケチをつけるならば、私はCreepという曲を知らなかったので、歌詞の日本語訳を

最後まで付けてほしかったということ。

 

後で歌詞を調べてみたら、

「全ての歌詞が出てたら更にもっとグッときたはずなのに!」と思いました。

 

この作品は、少し難解な映画でした。

(ある意味ではわかりやすいとも言えますが)。

 

監督は、世の中の人達に

とにかく自分で考えてほしいのだと思います。

 

わからなくても良いから考える事が大事なんだ、と勝手に受け取りました。

 

私はいつ、完璧に理解できるのだろうか。数年おきに、その確認のためにこの作品を観るしかないなと思っています。

 

エンドロール後に、顔が監視カメラになっているキリスト像がこちらを向いているシーンになるのですが、

そのとき私は、ついつい自然にすごい顔でカメラを睨んでいました。

 

あなたもきっとそうなると思うので、観てみてください。ぜひ!

 

あと、「meaning of life」ってことでモンティ・パイソンの映画『人生狂騒曲』も観てみてください。

 

ぜひ!

 

※ちなみに#13

 

でもテリー・ギリアムの作品を紹介しています。