売上up,映像制作

◆映像制作で売り上げを上げる方法◆

今や営業ツールとして欠かせないアイテムが映像です。

映像機器のデジタル化や編集ソフトの開発により家庭用のカメラやパソコンで

高品質の映像制作が可能となりました。利用できる媒体も豊富になり一度映像を制作すれば、

さまざまなチャンネルで利用ができるようになり、ビジネスシーンでの映像に大きな期待が持たれております。

しかし利益につながる映像となると簡単ではありません。

一流の監督が制作した映画でもなかなか心に響く作品は作れません。

ましては無名のディレクターが作った映像で利益を上げることなど期待はできません。

では、どうすれば映像で利益を上げることができるのか?

映像で直接利益に反映できる代表的なものはテレビ通販ですが、媒体費と制作費で

1千万円越えのリスクを追うことになります。黒字になるのは僅かで、運よくリピート購入で

トントンになれば成功でしょう。では映像で利益を上げる方法とは


①映像でダイレクトに利益を上げることから、間接的に利益を上げる手法にシフト


例えば50万円の予算でPR映像を制作し、ざまざまな媒体で、

(youtube、ホームページ、タブレット端末に入れ込み営業用に使用、リクルート用に使用)

数年間利用することによる費用対効果を考えます。


②徹底したマーケティングと仮説により視聴する方の心に響く映像を制作する


テレビのような高額な媒体費がかからない利用方法が必要です。

例えば店内商品ディスプレイのミニモニターを利用し(カー用品や量販店、最近では果物売り場でも見かけます)

実践販売風に見せる方法です。

売り場では映像があると積極的に売ろうとする傾向が有りますので効果は抜群、しかし各店舗のモニター設置費用がリスクとなります。


③営業ツールとしてタブレット端末に映像を入れ込み持ち歩く


商品の特徴など口頭では伝わらない部分を映像で補うことにより営業担当者の力量などの個人差を

最小限にします。ベテランから新人まで均一化された営業方法が確立できます。


④人件費の削減


例えば、語学学校やスポーツジムなどでは、お客様への入校案内などの説明を人からビデオに切り替え

人件費を削減しております。担当が口頭で説明するより映像とナレーションで説明した方が

効率が良いのです。


このように映像を利用し間接的に利益を上げる方法はアイデア次第でどんどん増えてます。

映像制作を外注する際はさざまなな引き出しを持っている制作会社へ相談されることをお勧めします。




お問い合わせ