mvとpv違いとは:どのように捉えるか

◆mvとpvの違い◆

音楽業界や映像制作の現場ではmvとpvの2つの言葉をよく聞きます。しかし、mvとpv違いはどのような場所にあるのでしょうか。

 

実際には、どちらも似たようなものであり、あまり違いはないように感じている方も多いのですが、しっかりと区別されています。まずは、mvですが、これはミュージックビデオの略称であり、要するに作品としてその音源にマッチする映像を撮影したもの、ということになります。

よく、音楽CDを購入すると、DVDも得点としてついてくる場合がありますが、その時のDVDはmvとして扱われることが多いです。

mvはその音楽にマッチした作品の1つとなっているので、それが販売用に利用されることは少ないですし、何かの音楽番組などで利用されるものとしては、作品として評価されているのですからmvの方を使用することになります。

 

一方でpvですが、これはプロモーションビデオの略称であり、要するに販売促進用の映像ということになります。pv違いとしては、よくバラエティー番組などで30秒程度放送されることがありますが、これはpvとして扱われることが多いです。

販売を促進するための、一種のあおりのような要素もあるので、より観客に対して、購入意欲を掻き立てさせるような映像として、pv違いがあります。mvとpv違いは若干わかりにくい部分がありますが、どちらも観客などから考えると、たいした違いはありません。

 

しかし、アーティストによっては、mvとpvを使い分けている場合もありますから、その辺のこだわりを見抜いてみることも面白いかもしれません。

 

 

★★★企業PVとは?★★

 

☆☆☆真似したい映像テク☆☆☆

映像制作のmvとpv違いはどこにあるのか

◆mvとpvの違い2◆

mvといえば、ミュージックビデオの事を言います。それに対してのpvとは、どこに違いがあるのでしょうか。ほとんどの人が、そこの線引きを、はっきりしないまま、何の気なしに使用しているのが現状です。つまり、同じような意味合いで使っている人が多いというわけですが、厳密にいうと、はっきりとした違いがあります。

 

mvとpv違いは、そもそも、映像制作の目的に違いがあります。mvはミュージック用に作成したもの、いわば音楽的な作品であるものに対し、pvはプロモーションビデオの略で、いわば宣伝用に作成されたものです。つまり、商品のアピールをすることを目的としたものであり、広い意味で考えれば、テレビなどで流れているCMは、pvであるという定義も成り立ちます。

mvとpv違いはそこにあるわけです。

 

ですが、mvをpvと言っても、絶対に間違いだという事はありません。CDなどの、いわゆるミュージックを商品と考えると、その商品をアピールするために作られたものなわけですから、pvといっても何ら問題はないという事になります。

つまり、定義的には、二つは違ったものということになりますが、pvの中にmvというジャンルが存在する、という考え方をすれば、どちらの呼び方をしても、間違いではないことになります。

このような考え方をすれば、映像制作の現場ではpv違いというものについて、それほど神経質に考える必要がなく、別にどちらを使っても何ら問題はありません。

 

 

お勧め映画 「この映画、観ました?」


お問い合わせ